2007年05月04日

テキストマッチと言うのは、1ページだけの事ではない

初心者の方などは「テキストマッチ」と言うことを余り
重要視していませんが・・・・。

ブログやホームページなどで様々なコンテンツを導入される
時。考慮しないといけないのが、ページの内的SEOの対策と
思いますが、それがタイトルとテキストマッチなんですね。

最初にそのページのテーマの統一性に一番関係が大きいと
思われるテキストマッチと言うことについて考えます。


そもそも、テキストマッチという言葉はそのページやサイトを
強調、表現したいキーワードがどのくらいそのページやサイトに
含まれているのかということなんですね。。

例えば貴方のサイトが自動車についてのサイトとすれば
キーワードとして自動車、その中のメーカー(トヨタ、日産など)
そして、セダン、ハッチバック、ワゴンなど、さらにスポーツタイプ
、ファミリータイプ、他にも細かいカテゴリーがあると思いますが
そのサイトに多く含まれる可能性のある言葉、要素なんですね。

そして、検索エンジンは、「自動車」というキーワードで検索が
実行された場合「自動車」と言う言葉(キーワード)が沢山入力
されているページを優先的に検索の結果に表そうとします。

しかし、それだけで上位に表示するわけでは有りません。
他にも様々な要素がありますね。

そのようなことからテキストマッチは検索エンジンの対策について
もっとも基本的な事項ですからとても大事なことなのです。

テキストマッチと言うのは、1ページだけの事ではなく、
検索エンジンがサイト検索の際の全体の評価にも大きな
影響を与えます。

例えば、「自動車」と言うテーマのサイトで、
トップページだけしか、「自動車」というキーワードがない、
ということはまずありえませんね。

その「自動車」のサイトの他の複数のページについても、
「自動車」というキーワードが使用されていると思います。

ロボット検索エンジンはそのサイト総てに対してこの様に考え
るとともにこの様に判断をします。

そのような中でも、トップページにキーワードである「自動車」
と言う言葉が一番多く含まれているという前提で検索を
すると理解しても良いと思います。

SEO対策と言うことは、ある特定の言葉(キーワード)に対して
そのページを最適化することなのですが、そのページを最適化する
だけでなくそのサイト全部の最適化をするということが、今とても
重要になっています。

従って、ホームページのテーマの絞込みとテキストマッチと言う
ことがより密接に関係してくることになりますね。
ホームページのテーマは絞り込んでいくほど
ホームページのテーマを表す言葉(キーワード)が、
サイト全体で出現する頻度が、おのずと高まってきますね。

端的に比較してみると、子育て、自動車、パソコンの事を記事に
している、ホームページかブログがあったとして、子育ての記事
には、余り車のメーカーや車種など、車についての言葉(キーワード)
は出てくることは無いと思いますし、パソコンの記事には子育ての
言葉は出てきませんよね。

この様な場合サイトとしての一貫性や統一性がまったく無くなり
検索エンジンから見るとテキストマッチにおいてもとても
不利になることは言うまでもありませんね。

しかし、「自動車」についての記事を書いてるホームページや
ブログの場合自動車の事だけしか書くことは無いので、自動車に
関する言葉(キーワード)だけが出現するので、検索エンジンは
すばやく、このサイトが自動車関連のサイトだということを
判断するのですね。


その結果、「自動車」と言うキーワードで検索すると、色々一貫性
がなく、統一性のないホームページやブログよりこちらのサイトの
方が当然上位に表示されるということになりやすいのですね。

ただ、ココでの「自動車」はあくまで例として取り上げていますので
実際に「自動車」と言うテーマでは競合が多くて初心者には無理です。

しかし、実際にホームページやブログを立ち上げるときにはこの
テーマを絞りこむことは非常に大事ですからよく検討してみてください。

=======================

お役立ちの無料レポートはこれだ!!

アフィリエイトマーケターのための検索エンジン最適化 【無料再配布権付き】

SEO対策上最も重要なタグをあなたは知っていますか?

=======================
posted by アレックスNO1 at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 最新の更新記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
〓〓